【導入事例/スーパーストリーム株式会社様】対面トレーニングをeラーニングへ移行。効率的な育成が可能になり、受講者数も大幅UP!

ユーザー様ご紹介 スーパーストリーム株式会社様

本日は会計・人事のパッケージソフト、SuperStreamを企画・開発・販売していらっしゃるスーパーストリームの山田様(左)、城前様(中央)、木村様(右)に、マニュアル作成ソフトiTutorについて、お話をお伺いいたします。
山田様、城前様、木村様、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

 

スーパーストリーム株式会社様について

ー御社のサービスについてご説明していただけますか?

山田様:弊社スーパーストリーム株式会社はキヤノンMJ ITグループの中で会計・人事/給与パッケージ「SuperStream」を提供している会社です。私共の製品であるSuperStreamは1995年に日本で初めてオープン版の会計・人事給与パッケージを市場へ提供しました。
現在、SuperStreamシリーズは国内の中堅~大手企業様を中心に累計導入実績7000社以上、上場企業様は650社を超えるお客様にご利用頂いています。販売形態は全国に約100社を超えるSuperStreamパートナー様を通じて製品の販売、サポート・導入の提供をしております。 (※2013年取材時の情報です)
また最近では日本国内だけでなく、日系企業のグローバル進出をご支援する為、ASEAN地域(主にシンガポール、マレーシア、香港、ベトナム)そして中国などのアジア圏を中心に日系現地法人企業にも会計アプリケーションをクラウドでご提供しております。

 

全国各地のパートナーにトレーニングを実施。今まではお金と時間のハードルがあった

ーiTutorを導入する前というのはどのような状況だったのでしょうか?

山田様: SuperStreamはパートナービジネスが主流ですので、如何に「パートナー様の技術者育成」を拡大するかが大命題となります。iTutorを導入する前は、パートナー様向けのトレーニングは東京本社にお越し頂いてトレーニングを受けていただくか、場合によっては弊社がオンサイトでパートナー様のところまで出向き直接教育をしておりました。ただ前者の場合、私共のトレーニング開催日程に予定が合わないというパートナー様の技術者のご不満の声も頂戴しておりました。 SuperStreamパートナー様は北海道~九州・沖縄まで全国に技術者がいますので、わざわざ東京に来て頂くのは「お金」「時間」もかかり非常に不便です。
そこで2009年にSuperStream- NXという新しい製品をリリースするタイミングで「パートナー様の教育に関してはeラーニングで行なう」と方針を社内で固め、そのeラーニングの制作をする何か良いツールはないか、探しておりました。

ー動画マニュアル作成ソフトiTutorは、どこでどう知ったのでしょうか。

山田様:昔からお付き合いのある方のご紹介がきっかけだったのですが、丁度eラーニングを始めようと思っていたときでタイミングが良かったです。

 

自分たちでeラーニングが作成でき、価格もリーズナブルだったのが決め手

ーiTutor以外にも多数マニュアル作成ソフトはあったと思いますが、 他社製品と比べた上で、iTutorを選んだ理由は何でしょうか?

城前様:まず、外注という方法を思いついたのですが、外注のeラーニングの制作は高かったですね。しかもSuperStreamのことを一番知っているのは当然私たちですので、意思疎通の不便を考えると、自分達で内製化しようということになりました。しかし、そのeラーニングを制作する技術はなくて・・・・。
「それじゃ誰が制作するの?」ということで、悩んでいました。 その時にiTutorと出会いました。

山田様:製品選定時には国産で何社かの他社製品も合わせて検討させて頂きましたが、私共がeラーニングで実装したい機能をiTutorは十分備えており、また製品の価格も私共に一番マッチしていたので、すぐに社内決議を実施し導入を決定しました。

ーiTutorを導入する決め手となったことは何でしょうか。

山田様:色々あるのですが主に3点ございます。
理由① 本体価格がリーズナブルであり、作成したコンテンツ動画の閲覧費用は無償であること
理由② 動画/マニュアル作成/試験作成など機能が十分網羅されていること
理由③ 桑鶴社長の熱意に共感したこと
です。

 

直感的に操作できるのがiTutorならでは

ー社長の第一印象はどうでしたか?

山田様:本当に熱かったです(笑) 「iTutorを教育ツールとして市場に広め、世の中を変えていく」という熱い想いに同じパッケージメーカーとして非常に共感したことを覚えています。

ーiTutorに関しての第一印象はどうでしょうか。

山田様:「これなら自分たちで十二分に作っていける !」と思いました。操作もOfficeと同様の感覚で可能ですし、マウスの動きなども編集可能で音声も録音可能で、ミスしたところも修正できるなど、第一印象から非常に良かったです。

ー今iTutorを使ってみての素直な感想をお教えいただいてもよろしいでしょうか。

木村様:マニュアルを見なくても感覚的に使えるところが一番よかったです。他の製品だと、画面を見ただけではわかりにくく、マニュアルを見ないと使い方がわからなかったり、そもそもそんな機能をしらなかったり。ということがあると思うんです。
iTutorはそういったことはなく、直感的に使えるというところが非常にポイントになっていると思います。

ー説明を受けたことはあるのでしょうか。

木村様:説明を受けたことは・・・・・ないです。(笑)
オペレーション指導がなくてもiTutorは直感的に利用できるんです。
もちろん、途中わからないことがあった場合、マニュアル検索するとわかりやすく記載されておりますので、非常に使い勝手もいいです。
またサポートのご担当者様は、とても丁寧な対応をしていただきましたので色々と助かりました。

ーこれはよかったというエピソードはありますか。

木村様:はい。私たちが利用していたときは、まだバージョンアップされていなかったのですが、今回のバージョンアップで私たちが要望したことがすべて入っていました。 具体的にいいますと、たとえばノーマルキャプチャは編集機能があったのですが、フルモーションキャプチャには編集機能がなく、別製品で編集する必要がありました。 すると、私たちユーザーの声を聞いてくれて。次のバージョンアップの際には悩みのところをすぐに対応していただきました。素直にうれしかったです。

 

対面からeラーニングに移行し、受講者数も大幅UP!効果的な育成を可能に

ーiTutorを使って、具体的に効果が出たことなどはありますか?

山田様:効果の一つとしてはトレーニング受講者の伸びです。北海道~九州・沖縄を含めたパートナー様に今や概要トレーニングは全てeラーニングを通じてトレーニングを行うことができています。
繰り返しになりますがパートナービジネスにおいて「パッケージのメーカーはいかにパートナー様の技術者育成を効果的に行うか」がユーザ様の満足度を上げる非常に大事な施策になります。
iTutorを導入して技術者育成も加速した甲斐もあり、現在、新しいSuperStream-NXは続々と新規導入が拡大しています。それは全国のパートナー様にeラーニングを介して私共の製品や技術情報をしっかりお伝えし理解頂くことも好影響に繋がっていると感じております。

ーeラーニング以外にもマーケティングでも利用しているとお聞きしましたが、どのようにご活用しているのでしょうか。

山田様:弊社のホームページ(http://www.superstream.co.jp)に、SuperStream製品の情報を掲載しておりますが、その中で「オンラインデモ」はiTutorを利用させて頂きコンテンツを作成しております。弊社SuperStreamの製品は非常にビジュアルでかつ、直感的なユーザーインターフェースに特に自信をもっておりますので、製品の表現力をそのままPRしたいと思っていました。
iTutorを利用することで製品の画面の単なる貼り付けではなく、実際にSuperStreamが表現するスムーズなユーザーインターフェースを表すことができています。
このオンラインデモはWebマーケティングの一環として行なっており、載せることで閲覧者は5倍に増え、資料請求も大幅に増えました。この数字は勿論、その他CMS部分などの効果もあり一概にiTutorだけとはいえませんが、その一翼を担っていると思います。

(取材:2013年10月)
※データは取材時のものです
※取材協力 :株式会社船井総合研究所

 

スーパーストリーム株式会社 様

HP:https://www.superstream.co.jp