テレワークにおける課題、業務の引き継ぎをマニュアル作成ツールで解決!

今回はテレワークへの移行など、社内体制変更時に役立つiTutorの活用方法をご紹介いたします。

テレワークに移行したものの、発生する業務引き継ぎの課題

コロナ禍で多くの企業がテレワークへの移行を検討・実施し、輪番制での出社など、社内感染を防ぐため様々な対策を行っています。

しかしテレワークなど働き方の体制が変わると、コミュニケーションが今まで通りにはいかなくなって同僚に簡単に相談できなくなってしまったり、PC上でコミュニケーションを取らねばならず業務の依頼にもひと苦労したり、というような様々な弊害が発生することがあります。

いつ発生するかわからない緊急事態。緊急時でも業務を止めないよう日頃からマニュアルを作成をしておくことをおすすめします。

緊急時でも業務を止めないためにマニュアル作成を!

そこで活躍するのがiTutor。テレワークに移行しても業務が止まることのないように、以下のようなマニュアルを事前に作成しておきましょう。

PC業務の操作手順について

システム関係やHPの更新作業など、いざとなったときに特定の人しか触ることができないということを防ぐため、操作手順のマニュアルを作成します。iTutorなら、普段の操作を行うだけで簡単に自動でマニュアルを作成することが可能です。

機械の操作や作業の手順について

現場作業はテレワークに切り替えられない業務のひとつ。輪番制により普段は担当しない現場業務も行わなければいけないということもあるかもしれません。

そんな時、動画マニュアルがあれば安心ですよね。iTutorにスマホで撮影した動画を取り込み、動画内に操作手順をテロップで入れれば、簡単に現場作業の動画マニュアルを作成することができるのです。

今回のようなコロナ禍に限らず、地震や台風など緊急時に備えてマニュアルを作成することをおすすめします。様々なマニュアル作成に対応しているiTutorをぜひ一度お試しください!